吉田麻也の年俸がハンパない!各クラブでの年俸推移と過去最高額は?

サッカー吉田麻也選手の年俸がハンパない!と話題になっています。

吉田麻也選手といえばヨーロッパで長く活躍中で、日本代表でもキャプテンを務めています。

他のサッカー選手に比べると、年俸もケタ違いであると言われているようです。

今回は吉田麻也選手の年俸が、

  • どれだけハンパないことになってるか
  • 各クラブでの年俸推移と過去最高額

について調べてみました!


吉田麻也の年俸がハンパなかった!

吉田麻也の年俸がハンパなかった!2021年10月のワールドカップ最終予選で痛すぎる2敗目を喫した日本代表。

吉田麻也選手は責任を感じて、代表チーム引退もほのめかしています。

そんな吉田麻也選手の年俸がハンパないと話題になっています。

現在はイタリアのサンプドリアに所属しており、年俸はなんと、

3億9000万円(サンプドリア)

と言われています!

8シーズンいたイングランドからイタリア・セリエAへ移籍した吉田麻也選手。

イタリアといえば守備的なサッカーが有名。

吉田麻也選手のようなディフェンダーが重宝されているリーグです。

すぐにサンプドリアでレギュラーとなりセンターバックで出場しています。

センターバックは守備の要で背が高いプレイヤーが多いですね。

日本人選手がレギュラーでプレーしていること自体、スゴすぎです!

年俸も3億9000万円とのことですが、イタリアでも中堅クラスだと思います。


吉田麻也の各クラブでの年俸推移

吉田麻也選手の最初のプロ所属チームは「名古屋グランパス」です。

名古屋グランパスからサンプドリアまでの年俸推移を見てみましょう!

名古屋グランパス(日本)

名古屋では年俸が1600万円にアップした吉田麻也

プロでの最初のキャリは名古屋グランパスで、年俸は360万円でした。

2007年 360万円
2008年 800万円
2009年 1600万円

2009年には、年俸は1600万円と順調にアップしています!

今でもチームの動向はチェックしているようで、愛着のあるチームのようですね。

VVVフェンロ(オランダ)

吉田麻也、VVVフェンロへの移籍で年俸は1億円に!

初の海外移籍は、オランダのVVVフェンロでした。

本田圭佑選手も在籍した事のあるチームです。

2010年 1億円
2011年 1億円

このとき、年俸は1600万円から一気に1億円と、6倍以上に跳ね上がりました!

サウサンプトン(イングランド)

吉田麻也、サウサンプトンへの移籍で年俸は3億円に!

世界最高峰リーグと言われるイングランドのサウサンプトンへの移籍は2012年。

2012年 3億円
2013年 3億円
2014年 3億円
2015年 3億円
2016年 3億9000万円
2017年 3億9000万円
2018年 3億9000万円
2019年 3億9000万円

年俸も1億円から3億円と、3倍になりました!

サウサンプトンには8年間所属します。

年俸は、2016年に最高額の3億円9000万円までになります。

サンプドリア(イタリア)

吉田麻也、サンプドリアでも年俸は最高額の3億円9000万円!

守備が固いことで有名なイタリアのサンプドリアには2020年に移籍。

2020年 3億9000万円

年俸も最高額の3億円9000万円をキープしています!


吉田麻也の年俸過去最高額は?

吉田麻也の年俸過去最高額は3億円9000万円!吉田麻也選手の年俸の過去最高額は、2016~2020年の3億9000万円です。

特に名古屋グランパス(日本)からオランダのVVVフェンロ(オランダ)へ移籍したときの増額が目立ちますね!

やはり、海外サッカーリーグの方が年俸は総じて高いようですね。

それからVVVフェンロ(オランダ)からサウサンプトン(イングランド)へ移籍したときもスゴイ!

1億円から一気に3億円と、3倍にアップしています!

その後、2016年に最高額の3億9000万円になり、5年連続で最高額をキープしています。


吉田麻也の年俸まとめ!

日本人選手がヨーロッパのリーグでレギュラーとして活躍するだけでもスゴイ。

吉田麻也選手は10年以上という長い期間、一流リーグでプレーを続けています。

最高額は3億9000万円で、5年連続キープするなど、信頼されていないとキープは難しいですよね。

吉田麻也選手、これからも頑張ってほしいですね!