眞子さまの就職先はどこ?小室さんの給料だけでニューヨーク生活は不安?

小室圭さんとの結婚を発表された眞子さま。

アメリカで生活をされることが話題になっていますね。

小室圭さんの就職先はニューヨークで、年収は2000万円とも言わています。

ただ、ニューヨークでの生活はかなりお金がかかりそうです。

眞子さまもニューヨークのギャラリーへ就職されるとの噂。

今回の記事では、

  • 眞子さまの就職先やお給料事情について
  • ニューヨークでの生活費は想像以上に高い
  • 小室圭さんの給料だけではやっていけない

について調べてみました。

関連記事

秋篠宮眞子さまの婚約相手である小室圭さん。 ニューヨークの法律事務所へ就職されることが話題になっていますね。 小室圭さんの年収は、2000万円ともいわています。 ただ、ニューヨークでの生活はかなりお金がかかりそうです。 […]



眞子さまの就職先はニューヨークのギャラリー

眞子さまはニューヨークのギャラリーへ就職するようです。

候補になっているのが、

という、イギリスのアンドルー英王子の次女・ユージェニー王女も勤務したところです。

王族や皇族とギャラリー界のつながりは深いようで、関係者が眞子さまへすでに紹介しているようです。

「Paddle8(パドル8)」は、セレブ御用達の一流オンラインオークションハウス

世界各地の有名アーティストのアート作品群を一斉に出品しています。

現代アート作品へのバブリーな落札合戦が繰り広げられていることでも有名。

眞子さまがもしPaddle8(パドル8)へ就職すれば、オークション会場で姿を見ることもあるかもしれません。

眞子さまは国際基督教大学卒業後、米レスター大大学院に留学。

博物館学を研究し、2016年1月に博士号を取得されました。

同年4月に東京大学総合研究博物館の特任研究員に就任し、東京・丸の内の博物館「インターメディアテク」での勤務を始めました。

米国でもそのキャリアを存分に生かすことになりそうですね。


眞子さまのニューヨークでの年収や給料は?

眞子さまのお給料についてはまだ明かされていません。

ですが、待遇はかなり良いでしょう。間違いなくVIPクラスでしょうね。

日本で働いているときは週3~4回ほどの勤務で100万円との噂もありました。

それに加えて皇族費が900万円ほどだったようです。

おそらく、1000万円くらいだったのではないでしょうか。

上述のPaddle8(パドル8)ではさらに年収が上がることも予想されます。

また、ニューヨークにはギャラリーがたくさんあります。

  • ニューヨーク近代美術館(MOMA)
  • メトロポリタン美術館
  • ホイットニー美術館
  • アメリカ自然史博物館
  • ソロモン・R・グッゲンハイム美術館

Paddle8(パドル8)以外で就職先の候補とみられるのが、

ニューヨーク近代美術館(MOMA)

です。

この美術館は小室圭さんの就職先事務所からも近く、途中まで二人で出勤することも可能です。

小室圭さんの就職先の法律事務所は、

Lowenstein Sandler(ローウェンスタイン・サンドラ)

オフィスの場所とニューヨーク近代美術館(MOMA)の地図はコチラ。

小室圭さんのオフィスからニューヨーク近代美術館(MOMA)はだいたい200mくらいなのでかなり近いですね。

ハードワークと言われるアメリカの弁護士。

小室圭さんも通勤時間を短縮するためオフィス周辺に住みたいでしょう。

となると家賃はどれくらいなのでしょう?

マンハッタンの家賃相場を調べてみたところ、かなり高額なことがわかりました。


ニューヨークの生活費は想像以上に高い!

ニューヨーク、特にマンハッタンの不動産はとてつもなく高額。

住宅を購入するなら平均で187万ドル、日本円に換算すると2億近いです。

賃貸アパートでもセキュリティがしっかりして、ある程度の広さがある物件は50万円くらいは出さないと無いようです。

生活費全般も高く、小室さんのお給料でも快適な生活とまではいかないかもしれません。

年収2000万円という額についても、現地弁護士の知人にすごいね、と言ったら『ラーメンが25ドルで、そこにチップが20%必要なのがニューヨークなのよ』と返されました。1杯約3500円のラーメンの都市と考えると、2000万円は決して高すぎる年収ではないのでしょう」

引用:Yahooニュース

セキュリティーが充分な場所・物件に住むのは金銭的にも慣習的にも簡単なことではありません。


小室さんの給料だけでニューヨーク生活は不安?

小室さんとの結婚のために、約1億4千万円という結婚一時金も放棄することを辞さない覚悟と言われる眞子さま。

一時金を放棄するとなると、経済的な頼りは小室さんの給料になります。

ニューヨークの不動産がかなり高いのはもちろん、生活費もかなりかかってきます。

ハードワークで知られるアメリカの弁護士も、評価が低いままだとすぐに切られてしまいます。

快適な生活環境を手に入れるためには、眞子さまも働かざるを得ないのが実情かもしれません。

これからの動向も引き続き追って行きたいと思います!


眞子さまの就職先まとめ

眞子さまは、ギャラリーに就職する可能性が高そうです。

なかでもセレブ御用達と言われるPaddle8(パドル8)か、ニューヨーク近代美術館(MOMA)が有力ですね。

ニューヨークの生活費は想像以上にかなり高いので、眞子さまも働かざるを得ないのが実情かもしれません。

いずれにしろ、新たな生活を始めるお二人には豊かでお幸せになってほしいですね。