モデル香音のドラムを叩く姿が可愛いと評判!父親はあの野々村真

タレントでモデルの香音(かのん)さん、ドラムを叩く姿がかわいいと話題です!

父親はなんとあの野々村真さんだったという、衝撃の事実!特技がドラムで、なかなかの腕前と評判になっています。

Popteenモデルとしてバラエティなどでも活躍する香音さんですが、なぜドラムが上手いのか?について追って行こうと思います。


モデルで女優、香音のドラムの腕前は?

スタジオでドラムの練習をする香音さん

YouTubeでドラムのスタジオ練習の様子をアップしていますが「上手い!」

ドラムセッティングの話をしていたり、スティックへのこだわりもあるようです。

手にあまり汗をかかないタイプとのことで、サラサラ系を使っているそうです。

以前は白いスティックがメインだったようですが、今ではピンク系やオレンジ系など、女子が好きなおしゃれ系にもチャンレジしているとのこと。

動画では、かなりロックな叩き方をしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

香音(@kanon420_official)がシェアした投稿


「ワンオクやシシド・カフカ」のカバーなどもお得意のようですね。かなり本格的に練習しているな~という印象です。

携帯に10曲ほどの練習リストを作っておいて、順番に練習しているとのこと。

ドラムって楽器の中でもかなり体力を使いますけど、きゃしゃな外見からは想像できないようなドラミングですね。

モデルで女優なのにこんなにドラムが上手い人ってめったにいないと思います!


香音、小学校2年生からドラムを始める!

ドラムスティックにもこだわる香音さん

名前(カノン)からして音楽少女のイメージがありますよね!

それもそのはず、ドラムの英才教育を受けてきた“ロックンロール美少女”で、都内の自宅で撮影されたプロモーションビデオ(PV)では一家4人でも共演。

小学校2年生から始めたドラムは、さまざまなバンドでセッションをしているドラマー村石雅行氏から習っていたようです。

村石氏は有名アーティストからの信頼も厚く、松任谷由実、吉田拓郎、椎名林檎のバックバンドも務めた実力派!

お父さんの野々村真氏と同い年(1964年生まれ)ということで、娘のように可愛がってもらっていたのでしょうね。こんな可愛い教え子がいたらうれしいですよね。


先日はNHK「沼にハマってきいてみた」に出演してドラム沼にはどっぷりハマっていましたね。

ドラム回ということで、とてもうれしそうでかなり素がでてました笑

いつかはアメリカのバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」と共演したいそうです。頑張って!


本名は野々村 香音(ののむら かのん)プロフィール

ドラム特集のTV番組に出てうれしそうな香音さん

スターダストプロモーションのホームページでも、特技に「ドラム、ベース」とありますね。

「カノン」とえいば、クラシックの超有名曲「パッヘルベルのカノン」が有名ですが、想像どおりこれが名前の由来になったようです。

2001年生まれ。野々村真さんと俊恵さんを両親にもつ、芸能界のサラブレット!

関連記事

モデル・女優として大活躍中の野々村香音(ののむら かのん)さん。 親しみやすく明るい性格でも人気ですね。 コスプレに挑戦したり、ドラムを叩く姿も個性的でかわいいと話題になってます! 野々村香音さんのかわいい画像を大量に集め[…]


幼い頃からさまざまな音楽を聴いて育ったとのことですが、意外なことにロックが好きとのコト。

モデルで女優のドラマーといえば、シシド・カフカさんが有名ですが、香音さんも憧れていたそうです。


ドラムだけでなく女優「香音」としても活躍中

小学生の頃から芸能活動をしており、最近ではTV東京系の泉里香さん主演のドラマ「高嶺のハナさん」に出ています。

小悪魔的で少々ブラックキャラの、天井苺(あまい・いちご)役で、可愛い女子社員を演じています!

マンガ原作のキャラにも似ている!と話題になっていますね。

なんでも役に合わせて髪を切ったとのことで「こんなに短くするのは初めて!」と新鮮なようです。

女優業も頑張っています。


モデル、女優、ドラマーとしての香音まとめ

雑誌『Popteen』の専属モデルになってからは目覚しい活躍をしていますね!10~20代への影響力はかなりあると思います。

ドラムを叩いているときは本当に楽しそうですし、モデル・女優・ドラマーとしてますます活躍されるでしょう。

今後も香音さんから目が離せませんね!